コミュニティーと言うものを考えている

シェアする

SNSとコミュニティーなどなどを考えてみたが、、
 ジャスティスです、
今、ご飯を食べながら部屋を片付けつつ
ポッドキャストを聴きながら
コミュニティーと言うものを考えています。
 記事が長いので、ココに結論だけ書いてしまうと、
コミュニティーといえども組織であり、
目的が始めにある(たとえ明文化されていなくても)。
その目的を遂行し続ける理想的な組織体として成長していける組織が
良いコミュニティーなのでは無いかと思う。
 皆さんご存知のように、
私の家にはテレビもラジオも無いので、
たまにはJuiceでpodcastでも聴こうかなぁと思った。
今日聴いているのは
パソコン/インターネット「湯川鶴章のIT潮流」:Podcasting Juice
と言う番組なのだが
SNSブームは終息するのか-エイベック研究所武田隆氏という放送が非常に興味深い。
 私は少々、SNSというものに期待感を持っていたが
放送によると、
仲間同士の帰属意識を確認するためだけの
非アクティブな交流の場(溜まり場か?)として
硬直化しやすいらしい(かなり端折った、私なりの解釈だ、、間違っていたらごめんなさい。)。
 さて、私も自分なりに考えてみる事にしよう。
SNSのメインプレイヤーは若年層らしいが、
今まで友達と学校でつるんで話をしていた香具師が
SNSを与えられて、
そこで何か発展的なコミュニティーを形成するだろうと考えるのは、ちょっとアレだ。(社会人ですら、自社の同僚とばかりつるんで外に目を向けない奴も居る。)
大多数のSNS参加者は友達と交流をするためにSNSを利用するのであって、
その交流の質や意味などは予測不可能だし、恐らく、価値的なものは低いだろう。
 …ちょっとまて、
J801BINDのブログに限って言えば
交流の場所にすら成り得ていないな、、、
まれに隊員がコメントを寄せてくれるが、
その頻度はジャスティス隊長を孤独でストイックな気分にさせるのに十分たるものである。
非常連の閲覧者が疎外感を持たずに閲覧できるし、気になったときに何時でもコメントできるのは良いのだが、、うーーむ。
 さて、、

じゃぁどんなコミュニティーが良いのかと言うものを考えてみよう。

J801部隊は一応、コミュニティーだが、
このコミュニティーは隊長がキーボードを叩かなくなった瞬間から崩壊する(笑)
…J801部隊の今後はちょっと
(/_・)/コッチに退けて
 そもそものコミュニティーの目的はなんだろう。
活動系(ネットラジオサークル、同人サークル、料理サークル)のサークルだったら
月に何回か集まって、創作活動を行い発表をしていくという
割と活動的な目的が立ちそうだ。
 では、もっと普通の趣味コミュニティー。
BL本が好きだ、とか、アーティストのファンクラブなど。
或いは、趣味じゃなくて、学校などの同窓コミュニティーだと
話をすることや交流・意見交換自体が目的となりえるだろう。
そうなると、
どうしても自己完結化しやすいかもしれないな。
 自己完結化というのは、
その組織の中だけで常に固まってお話をして、
外の組織とはあまり交流の無い状態だ。

活動主体コミュニティー OR 交流主体コミュニティー

音楽のバンドも、活動主体コミュニティーに含まれるかもしれないな、
企業組織すら、活動主体コミュニティーかもしれないな(笑)
 組織の難しさを最も体現しているのは、
やはり音楽バンド(学校の音楽サークルは除く、趣味だからな。)である。
メンバー募集サイトに行けば、不毛の世界を体感できるだろう。
彼らには強い目的意識があるのだが、逆に交流と言う意識は欠片も持ち合わせていない人間が多い。
突然音信不通になる、そしてそれが常識という、、、むしろ憐れなほどに切羽詰っている方々が生息している。
コミュニティーというにはあまりに目的意識がハッキリしている上に、
企業的な経済観念はない。
なんというか言葉が無いが、、救われない
 次はコミュニティーの仕組みと機能に目を向けよう。
目的や理念に引き寄せられた、無作為でない人間の集まりである。
交流或いは活動をする意識は高い。
活動する技術や能力、やり方、ノウハウなどを持っているかもしれない。
コミュニティーに参加すれば参加者は自らの能力を存分に活かして、
趣味や行動の幅を広げられるかもしれないし、
同好の士とであい、貴重な交流を行えるかもしれない。

といった、幻想を持つことができる。
 思っているだけでは幻想でしかない。
意識的に行動しないと、幻想は夢にまで降りてこない。
コミュニティーの成員が全員、そのような幻想を抱いていても
誰かが明言しない限りそれは幻想でしかない。
 …何故人はコミュニティーに参加したがるのだろう。
一人が寂しいからだろうか、
一人で取り残された気持ちになるからだろうか。
一人じゃ生きていけない事なんて誰だって知っている。
なのに何故、私は一人で生かされているのだろう。
何故私は一人ぼっちなのだろう。
寂しい、コミュニティーで知らない人と他愛も無い話をしている時だけ、刹那的に寂しさを紛らわせる。
寂しい、心の通じ合えないトモダチという記号と空っぽの話題をやり過ごすときだけ、自分が一人じゃないと信じ込む事ができる。
私はなぜ文章を書くのだろう、
文章が読まれていると思えば、自分が一人じゃないと考えられるからだろうか。
貴方は何故、私の文章を読んでいるのでしょうか?
 、、、私としては
ぶっちゃけた話、SNSなんてやっている暇は無いのだ。
J801部隊としての活動をせねば成らない。
そのために役に立つならJ801部隊でSNSを持ってもいいとは思っている。
ただ、
J801部隊と言うコミュニュティー自体がどうあるべきが、
みんながどうありたいかということが置き去りになっては、今後の事が考えられない。
ジャスティス隊長には多少の考えもあるのだが、
それよりも皆の考えを一度聞いてみたい。
組織と言う関数は固定的なものでは無い。