ぶどうぱんだと思って食べたら本当にぶどうぱんだった

シェアする

社用車(もちろん自転車)の試運転で寄った店で買ったぶどうぱん。
昨日食べ損なったので行きの電車の中で朝食として食べたのだが、中がぶどうだらけでした。

オーナーが、子供の頃ぶどうパンのぶどうが少ないと感じて、それならぶどうを目一杯入れてやろうとして入れたのが始まり。その脅威のぶどうパンは、これまでにもさまざまなメディアで取り上げられてまいりました。
ぶどうぱんの店 舞い鶴(まいづる)

本当に脅威でした、小サイズでお腹いっぱいです。無理して食べきろうと考えてはダメですね。