30代からのゲーセンデビュー・三国志大戦をはじめました

シェアする


『30代からのゲーセンデビュー』にブログのタイトルを変えねばならないかもしれません。

デザイナーの濱野さんとエクストリーム栗川に誘われて三国志大戦というアーケードゲームをはじめたのですが、2月から毎日ゲーセンに寄るようになってしまい非常に危険な状態です。気が付いたらプレイ動画をアップロードし始めました。

若いころに遊んでいなかった反動か…

プレイ動画6日目

1月も何回か濱野さん達と一緒にやったのですが、会員登録を行った2月1日を1日目として数えることにします。

アーケードゲームは最先端のエンターテイメント

VR関連のゲーム機やメガネが高い高いといってもせいぜい何十万円の話です、アーケードゲームの筐体は1000万円前後なので技術の無駄遣い、いや、最先端ぶりに感動しました。

まず、三国志大戦はカードを使った対戦ゲームなのですが…

『カードがオンデマンド印刷される!』

キラキラのカードがその場で印刷されるわけです。

オンデマンド印刷だからゲーセンのバイトに盗まれることもない

と、過去のバージョンをやっていた方が教えてくれました。

そして、このカード自体がゲームのコントローラーになります。

どういうことかと言いますと、カードを盤面に置くことでゲーム内でユニットが配置されます。そして、盤面のカードを動かすことでゲーム内のユニットを操作することができるのです。

プレイ動画を買える、もちろん現金で!

Youtubeなどに対戦動画が沢山上がっているのですが、あの動画はプレイヤーが100円払って買ってます。

プレイ中に気に入った戦闘があれば録画しておいて後で買えるようになっています。

店頭端末で課金・ダウンロードはネットから

店頭の端末で課金できるので、当たり前といえば当たり前ですがクレジットカード不要です。
動画の入手はUSBメモリやSDカードではなく、ネットからダウンロードです。

たぶんパソコン無くても最近のスマホならダウンロードからYoutubeへのアップロードまで簡単にできると思います。

課金ガチャはないのに金が減る

ゲーム内通貨(縁)は金で買うことはできませんが、金払ってゲームをプレイしないと増えない仕様です。プレイをするのには一定時間が掛かるので、短い時間で廃課金しなくてすみますが、月に数万円使うという話も聞きますので恐ろしい限りです。

危険なのでお勧めしない

2月に入ってから、毎日会社帰りにゲーセンに寄ってから帰るようになってしまい少し危ない。
最新テクノロジーを体験するために行っていることにしよう。