育児休暇を取らせるように厚生労働省が企業に努力義務

シェアする

今年の日経新聞のテーマは働き方改革だなと認識しているのですが、今日は厚生労働省の施策が取り上げられました。

育休奨励、企業に努力義務 10月から

厚生労働省はイクメンプロジェクトなる専用サイトも立ち上げて育児休暇の啓蒙に力を入れています。

また、企業に対しても『出生時両立支援助成金』という制度で最大60万円の助成金を出しています。 

育児休暇は男性でも取得できるし雇用保険からお金ももらえる

厚生労働省の26年のポスターが分かりやすいです「いらすと」やさんのイラスト入りです。
育児休業給付金が引き上げられました!! – 厚生労働省

沢山の人が働けるためには休暇などの制度が必要

限られた人に沢山働いてもらうよりも沢山の人が働ける状況をつくろう、ということだと認識しています。
女性が仕事や育児に取り組みやすくするためには男性のサポートが必要で、それを支援する制度も必要なのでしょう。