2017年は個人型確定拠出年金(iDeCo)ブーム到来の流れを感じます、定期預金でも所得税が下がるようです

シェアする

連日のように日経新聞で個人型確定拠出年金(iDeCo)に関するニュースが掲載されておりブーム到来の流れを感じます。去年は本業が忙しくてiDeCoもNISA(少額投資非課税制度)も手が出せなかったのですが、今年は挑戦してブログに記事を上げます。

日経のサイトでは各金融機関が協賛の元、既に特集が組まれています。
個人型DC、節税メリットを生かした資産形成術

iDeCoの何が凄いか?

基本的には老後の資産を用意するための制度です。
掛け金を所得控除にできるため収入がある現役世代には節税効果が絶大です。

また、2017年から精度が変って利用できる対象者が大幅に増えました。そのため、今年は広告やお得なキャンペーンがバンバン打たれるでしょうし、手数料の値下げや投資可能な商品ラインナップの充実が予想されます。

NISAと何が違うの?

NISAで非課税になるのは投資で得た利益だけですが、iDeCoは掛けただけで税金を安くすることができます。

また、iDeCoの場合は商品として『定期預金』も選択可能です。
定期預金を毎月積立てるだけでも所得税を節税できるので投資が苦手な人も検討が必要な制度になっています。

iDeCoの特徴

  • 節税しながら老後の資金を貯められる
  • 年金なので原則60才を過ぎないと引き出せない
  • その代わり節税効果が絶大

貯めたお金を老後にならないと使えないという点だけが唯一の欠点です。
イザというときには全く役に立たないので、収入が少ない人や貯金が少ない人は要注意。

ファイナンシャルプランナーの人がプレジデント内で以下のような警告を出しているのでリンクしておきます。
個人型確定拠出年金iDeCoをやらないほうがいい人