日経が新成人に贈る言葉は『年金の未納は避けよう』

シェアする

24面より、日経らしいメッセージですが大事なことです。

なぜ大事かと言いますと、老後のためというよりも障害基礎年金の受給要件になっているからです。

国民年金に加入している間に初診日があること
障害基礎年金の受給要件・支給開始時期・計算方法 日本年金機構

お金が無くても『加入』は容易です『学生納付特例制度』『保険料納付猶予制度』が用意されています。

昨年から保険料納付猶予制度の対象が拡大

保険料納付猶予制度は元々『若年者納付猶予』という名前で30才未満までしか使えない制度だったのですが50才未満まで大幅に拡大していました。これは昔に比べて平均年収が下がっていたり格差が広がっているからでしょう。

また、昨年は年金受給資格を納付10年に短縮する法案も成立しています。

国民年金は25年以上加入していないと幾ら払っても老後にお金が貰えないという鬼のようなシステムでしたが10年になったことで無年金になってしまう人が大幅に減りました。

ネットで知り合った友達が障害基礎年金を受給していた

高校生の頃か大学生の頃か正確には覚えていないのですが未成年の頃です。ネットで知り合った友達が障害基礎年金を貰っていて、国民年金には入るべきだと教えてくれました。年金の話題になるといつも彼を思い出すのだが元気にしているだろうか。