Q.自分が何者であり、どう振る舞うべきか。

シェアする

おはようございます、ジャスティス岡本です

一日の時間は有限だというのにもかかわらず、ブログに何を書こうか迷ったまま出社予定時間が迫っております。ネタはいっぱいあるんだけど、自分がどのように生きてどのように振る舞うべきかを考えだしたら、どうにもこうにも文章が書けなくなってしまった。

このブログはしょせん日常を綴るブログだから、悩んでいることもそのまま書いてしまいますが、本音としてはもっと、こう、イケてるブログを運営して月間100万PVぐらい稼いで広告収入で財を成したいのですが、どうにも道を外れてしまうのです。

幾度目かの自分探しの旅を敢行して、友達に自分のことをヒアリングしてみたり関係しそうな書物を読みあさってみていて、一定の知見を得ることはできた。が、核心に迫り切れていないのか、自分が答えを受け入れられていないのか、未だ迷いを断ち切れない。

Q.自分が何者であり、どう振る舞うべきか。
A.自分は自分であり何者でも無い、自分のしたいように振る舞うべきである。

色々な実績を得てきたが、そこに自分のアイデンティティーは恐らく無い。

肩書きにアイデンティティーを求めるのは、まぁ、間違っている、全然ユニーク性がない。
せめて自分自身がつくったオリジナルの実績というのであれば、まぁ、ユニークだろうけど、それでも実績そのものが人の正体ではない。

自分が自分として生きるのは、あるいみ大変なことかもしれない。
適当に社会的な地位のある何かの肩書きを演じている方が楽かもしれない。
しかしながら、私は不器用なので、そのような演技をすることが多分できないのだ。

自分探しも結構だが、うん、たまに点検・値や機能のチェック、場合によってはスキルの追加は必要だが、自分というものは色々なところに連れて行って動かすものである。