書評:ベテラン営業マンと若手Web担当者がコンビを組んだら? 勝ち抜く企業のB to B マーケティング

シェアする

営業もマーケティングもWeb担当者も全部やっているフルスタックなジャスティス岡本です。

全部片手間でやっているため最新の手法や良いやり方を学ぶ機会に飢えていたのですが、最先端のマーケティング手法を活用した営業スタイルを「ITに対する知識ゼロ」でも1冊で学べる凄いビジネス小説と出会ったので絶賛しつつ紹介します!

IT音痴のベテラン営業マンが役員会議で…

小説としてのストーリーがまず面白い。

序盤で営業不振で窮地に陥った営業部長の田中さんが苦手なITの仕組みを勉強し、経営会議の場で偉い人たちを前にクッキー(Cookie)の説明をはじめるシーンはなかなか印象的です。

顧客を自動で追跡して適切な情報提供を行い、最適なタイミングで解決型の質の高い営業をかけることがマーケティングと営業の連携スタイルとして本書では扱われているため、「クッキー自体は最先端じゃないけど象徴的なIT技術なんだな」とIT屋さんの私としては目から鱗が落ちる気持ちで読みました。

燻っている若手Web担当者が…

また、ITの知識を持ちつつ、組織の中で活かせず孤立して燻っている佐藤さんも

組織内の壁を越えて協力し合えるマインドと体制を作る。

という言葉を受けて徐々に変わっていき、組織の中で活躍をしてきます。

重要なマーケティング用語と知識が一冊で学べる『統合的』な良書

私も最近、MA(マーケティング・オートメーション)などのマーケティング単語を色々と耳にする機会が増えていたのですが、この本を読むことでそれらの全体像や関連を理解することができました。

本書で触れられている用語を列挙してみます、結構盛りだくさんですがストーリーの中で統合的かつ必然性をもって自然に学べるようになっています。

この本で学べる用語集

  • MQL(マーケティング・クォリファイド・リード)
  • SQL(セールス・クォリファイド・リード)
  • マーケティングオートメーション
  • リードナーチャリング
  • インバウンドマーケティング
  • BANT情報(Budget,Authority,Needs,Timeframe)
  • ランディングページ
  • フォーム
  • SEO
  • CTA(コール・トゥ・アクション)
  • オファー
  • クラウドソーシング
  • CRM
  • ペルソナ
  • バイヤーズジャーニー

自社製品や自社サービスを持っている会社の社員はみんな読んだほうがいい

結論から言えば、読んだほうがいい、この本をお勧めする理由は大きく二つ。

一つは最新のマーケティング手法を営業と連携して活用するための知識を『統合的』に学べる点で、もう一つはストーリー仕立てで簡単に読めるという点です(私は75分で読めましたが、友達の24才新人サラリーマンも2時間で読めたので簡単に読めるのは間違いないかと)。

組織の中でこの本のアイディアを共有できれば強力な武器になる。特に、マーケティングやIT活用への理解は必要性が無いと深めにくいと思いますので、ぜひ、田中部長に感情移入しながら読んでみてください。