口座開設申し込み封筒の投函は局内で

シェアする

 天下の郵政公社とはいえ、郵便物を紛失してしまう可能性がまったくゼロというわけにはいかない。
街のポストが貸し金庫並みのセキュリティを備えているとはいえない。
ということで、私は例によって集配局の郵便局へ出かけていった。
「※注 夜です」
さて、行ったはいいが、ゆうゆう窓口に出すべきか、それとも局の前のポストに投函するべきか迷っていると、郵便局の職員さんに声をかけられた。
私は、
「普通郵便なんですけど、どっちにだしたらいいでしょうか?」
「局内にポストがあるから、そこに入れて下さい。」
おぉ、、それは完璧なセキュリティーだ。
つことで、局に投函して帰ってきた。
今後は、口座開設の申し込みは郵便局内のポストに投函しようと思う。