リング型の蛍光灯を設計した奴が憎い

シェアする

リング型の蛍光灯
20060211_1.mp3
 ああ、ウェブサイトのユーザビリティーが悪いとか、
メニューが使いにくいとか、、
それはそれで問題だが、、家電製品の保守がやりにくいというのはもっと重大な技術的汚点だとは思わないか?
 三角の金具を取り外す時の、、魂の旋律
このガラス管が割れたら、真空のガラス管はどのように砕け散り、私に突き刺さるのだろう。
こわい、、蛍光灯を取り替えるのは恐ろしい作業であった。
つか、、取り外すのがすごい時間掛かったんですけど、、
32/30型の奴だったのだが、とりあえず、小さい30型のリングを取り外して、、
32型は後になる。
先に、蛍光灯に給電している電源ケーブルを引っこ抜いておくのが肝だ。
 次に、、蛍光灯を買いに行った。
たしか、近くの100円ショップで蛍光灯を見た記憶があった。
逝ってみると、、確かに蛍光灯はあった。
100円ではなかったが、、、
32/30型のセットで880円だ。
、、むぅ、結構するのだなぁ。
 そのあと、コジマ電気まで足をのばしてみるが、
二本セットで1000円以上、、32型一本でも860円と、
馬鹿らしくなったので100円ショップのセット品を買った。
旧モデルかどうか確認をしたが、コジマで売っていたものと同じだった。
 切れていたのは32型だけだったが、
此の際なので30型も換装してしまった。
だいぶ黒くなっていたし、、、また後で交換するのも面倒だ。
 、、、でもなぁ、、
私ってこれでも第二種電気工事士という、国家資格を持っているはずなのだが、、
蛍光灯ひとつ換えるのにこんなに手間取るとは、、
、、恥ずかしいな、、右脇の写真より恥ずかしいな。うん。