乾燥したご飯の調理法(不死鳥編)

シェアする

20060210_1.mp3
20060210_1.mp3
 ジャスティスでっす、、
今日の晩ご飯は、、
「ああっ、ご飯がカピカピに乾燥しているぅぅぅ」
いつものことだ。
いつもなら……いつもなら、、
雑炊にして食べてしまうのだが、今日はお腹が雑炊な気分ではなかった
 どちらかというと、しなびて水っぽくなったお徳用の絵稟議
じゃなかった、エリンギを焼いてしょうゆに漬けて食べたかった。
となると、やはりご飯はふっくらとしていて水っぽくない方が好ましかったが…
このままでは乾燥しすぎていて、、どうしよう。
 私は考えた、、
フライパンにお湯を入れて、、その上で戻す事にした。
…戻っちゃったよ、普通に。
ご飯はグングンと水を吸ってふっくらと復活し、、そのまま炒められていった。
そこで、エリンギを投入し、ついでに冷凍の豚ばら肉を投下。
でもって、油をとろーりと垂らす。
後は蓋をして蒸らす。
 いい感じに焼けてきたところで、半年以上前に賞味期限が切れたバターで炒めて、
ピンクソルトと醤油で味付けをする。
うまかったぞ、フツーに。
 乾燥したご飯といえば、
アルファ米というものがあるらしい。
炊いた米を急速乾燥したお米で、お湯を注ぐだけで炊き立てのようなご飯にありつけるという……
 えと、、今お風呂沸かしております。
ゆくーり、やすんで、土日は歌の練習でもしようかなぁ。