ファミマ半額の裏側には組織的な不正行為があった模様

シェアする

先日、八王子のファミリーマート数店舗で突如、半額セールが行われ話題となりました。
お祭り好きの私も帰りがけに寄ったのですが、在庫は殆どない状態だったことを先日ブログに記述させて頂きました。

それから数日後、半額セールの真相が明らかになりました。

半額セールが実施された経緯

  • 昨年、オーナーがファミリーマート本部から一方的に契約を解除された上に3000万円の請求を求められてた
  • 契約解除の理由はオーナーが店長集会にて本部SVと棚卸し業者による不正を糾弾したため
  • 半額セールは公的な手続きにより本部を出入り禁止にした上で実行

不正をもみ消すために更なる不正を重ねる企業体質には、失望を感じました。
恐らく今後、私がファミリーマートを利用することは無いと思います。
さようならファミチキ

コンビニのビジネスモデルは劣悪なものと伝え聞いていましたが、パワーバランスが一方に偏りすぎると人はモラルを失うのかもしれません。この事件の事実関係については今後も注視していきたいと思います。

オーナーの方のブログ記事紹介

不正に関する記事

一人でも多くの方に知って頂きたいフランチャイズ・ファミマの真実

今回の一連の件で学んだことがたくさんあります。その1つは、日頃、契約を振りかざす本部は、有事の際?にはその契約を拡大解釈等し、本部の都合のいい様に解釈し、強者側に付く弁護士と共に加盟者を追い込み続けるといったことです。

ここ数日の関連記事

謝罪と感謝です。

この度 諸般の事情により 現在 私が経営する3店舗におきまして一切の告知を控えていた中で1月9日より同時に割引きセールを敢行することとなりました

1月16日24時 晴れて!?ファミマを卒業いたしました(^^)

1月9日より開始した8日間の大感謝祭セールこの間 公的な手続きで本部を出入り禁止にし禁止思いがけないネット効果も熱い風となり本当に多くのお客様に恵まれました

まつりの後(^_^;)3店舗一斉の棚卸し
人の噂も七十五日(-_-;)その4日目!?

半額セールが終わり3店舗は生憎の契約解除起業から約四半世紀すべてを失うこととなりまし