福岡少女18年間軟禁事件・全員無視か!

シェアする

18年間軟禁事件
20051206_01.mp3
 ジャスティスです、、
今朝のヤフーニュースで知ったのですが、、
就業中だったので、帰ってから読もうと思ったら、
新着のニュース一覧からは消えていました。
、、古いニュースを辿って、
リンクを発見しました(読売新聞)。
毎日新聞の記事もありました。
 今のタイミング(2005-12-06)だと、児童殺害ニュースなどの事件に埋もれて、
忘れ去られそうだったので、
あえて、ブログに書かせてもらいますが…
 この事件は、
母が娘を生まれてから18年軟禁し、
殆ど外に出させなかった。
という事件です。
 生まれてから18年です。
物心も自我も全くない時点から18年間です。
軟禁なんて言葉では生温い、、ほぼ監禁です。
 しかも、この家庭、、
母子家庭とかではないのです。
5人家族です。
父親も、姉や兄もご存命だそうです。
 私は耳を疑いました、
みんな、黙って見ていたのでしょうか?
誰も止めなかったのでしょうか?
 さて、、日本は戸籍制度がありますので
福岡市の教育委員会等は少女の存在を知っていました。
そして、何度も(毎月!)学校は家庭訪問を行うために出向いたそうですが、
母親が面会を断りつづけたため、
一度も、、少女の顔すら確認が取れなかったそうです。
「ちょっとまて、、ガキの使いじゃないんだぞ!」
会えません、、じゃねぇよ、ゴルァ~~!!
仕事しろ!!
 少女が保護されるに至った経緯は、
母親が少女に暴力を振るい(約10日の怪我)少女が2005年10月28日に家出。
2005年11月1日に少女が通行人に助けを求め、保護された。
、、これは一ヶ月前の事件なのです。
ショッキングなこの事件が、何故、、一ヶ月も、放置されつづけたのでしょうか???
 そして、以前、新潟で少女監禁事件が起こった時は、
非常に大々的に報道が行われたのに、
何故?大きく取り上げられないのでしょうか???
ブログの記事は、何時読まれるのか分からないので、最近の大きな事件を併記します。
【現在のその他の大きな事件】
幼児殺害事件
耐震強度偽装問題
、、、
 みなさん、よく考えてみてください。
ネットのニュース記事を見る限りでは、
少女の姿は事件が発覚するまで、家族以外は少女の姿は確認されていないのです。
 、、この法治国家で、あってはならないことです。
戸籍があるのに、誰にも発見されない人間なんて、居てはいけないはずです。
一人の人間の存在が、完全に闇に葬られていたのです。
 発見された少女は、母親からの暴力で傷を負っていただけではなく、
身長は小学校低学年並みの1m20cm、かなり痩せていたとの事です。
少女の過ごしてきた18年がどんなものだったのかは考えたくありません。
 これは、一人の犯罪者が起した不運な事故ではないのです、、
誰かが止められる筈だったのに、、誰も、止めなかった、、非常に大きな社会問題なのです。
 最期に、、
母親は傷害事件として罰金10万円の略式命令で済んだそうです。
少女は、検査入院中だそうです。
 母親はどうでもいい、法が彼女を裁けないのなら、、済んだ事だし、何も言うまい。
ただ、、今後、少女の人生がどうなるのか、
マスコミに良心があるのなら、、
福岡の行政が反省をしているのであれば、
少女が社会復帰して平穏に暮らせるまで見守って欲しい。