セブ島留学7日目・後半戦 ~ホテルのプライベートビーチで遊ぼう

シェアする

プライベートビーチは綺麗に整備されていて素晴らしいの一言です。日本の公共の海水浴場と比べるものではないと分かりつつも、比べてしまいます。スタッフの方が色々と良くしてくださいますし、ビーチソファーもあります。トロピカルでゴージャスな飲み物も買えて、本物のリゾートを味わうことができます。
ビーチでリラックス_vga

ビーチでのアクティビティ

海水浴やビーチに飽きたらプールのウォータースライダーやパラセーリングなどのアクティビティも楽しめます。
ウォータースライダー

パラセーリング
※今回、パラセーリングは挑戦しておりません。

近くの射撃場で銃を撃つ

16時頃にはビーチも涼しくなってきたため次の遊びへと移動しました(1月はフィリピンも少し涼しい時期)。マクタン島で日本人スタッフ常駐の「ターゲット ゼロ」という射撃場で銃を撃つことに。
射撃

私用した銃はS&W M19 コンバット・マグナムというリボルバー銃で、ルパン三世の次元大介をはじめ、色々な映画やアニメでも登場している銃のようです。ここではハンドガン数種類のほかに、ハンドガン以外にもライフルを使用することもできます。

ライフル

ホテルから射撃場への移動は射撃場の送迎車で迎えに来てもらいました。また、射撃の後はマリバゴグリルというレストランで食事をとったのですが、こちらへの移動も射撃場の車で送っていただきました。

マリバゴグリル

マクタン島で日本人に人気のレストランのマリバゴグリルに行ってきました。お値段もとても手頃です。お酒も幾らか飲んだのですが一人1500円ぐらいで収まりました。味も格別、今回の旅で一番おいしい食事ができました。
レストラン_モザイク

カニ!
カニ

タクシーで帰宅

マクタン島からセブの中心に返る場合も、タクシーが嫌がる場合があるので少々手間取る場合があります。タクシー自体は、マリバゴグリルのスタッフの人が呼んでくれるためそこまで大変ではないのですが、価格交渉で多少手間取る場合があります。3チームに分かれて帰宅したのですが、最後のチームが少々手間取って15分ほど遅れて帰ってきました。帰りの門限がある学生の方は、少し時間の余裕を持って帰宅した方が良さそうです。