セブ島留学7日目・前半戦 ~休日の英語実践

シェアする

異国の地での暮らしも明日で終了。土曜日は他の仲間たちと遊びに出かけました。テストのスコアも大事ですが、語学留学は休日が本番です。セブの人達は英語が話すことができ、また、日本人と韓国人に馴れている店員さんが多いため、英語力を試す良い実戦の場所になります。

セブでの英語実践はイージーモード

そういえば以前出張でスペインに行ったときは、英語の話せない店員さんやタクシーの運転手も結構多くて苦労しました。

セブは韓国・中国・日本人の語学留学者が多い土地柄のためか、現地の人とのコミュニケーションに掛かる負担が欧米よりも低く感じられました。例えば、適当に単語を繋げるだけでもかなり言葉が通じますし、向こうの話す速度も幾らか落ち着いた速度のため聞き返すことはあっても、ゆっくりしゃべって下さいとまでいう必要が無かったりします。

土曜日のタイムスケジュール

  • 9:00-10:00 パビリオンモールのスーパーマーケットでショッピング
  • 10:30-11:30 タクシーでマクタン島へ移動
  • 12:00-13:00 コスタベリャ・ホテルでランチ
  • 13:00-17:00 ホテルのプライベートビーチでシュノーケリングなどを楽しむ
  • 17:00-18:00 近くの射撃場の送迎を呼び、移動
  • 18:00-19:00 射撃場の銃で実弾を撃つ
  • 19:00-19:30 射撃場の車で近くのレストランまで送ってもらう
  • 19:30-21:00 レストランで食事
  • 21:00-22:00 タクシーを手配してもらい、学校の寮に帰る

お土産はスーパーマーケットで買うと安い!

ビジネス英会話コースの人達は土曜日の午前10時までは模擬テストなどがあるため、まず、私は時間のある人たちと学校の近くのパビリオンモールという小規模なショッピングモールへ出かけました。

同モールは1階がスーパーマーケットになっており、食料品や日用品、日焼け止め・サンオイル等を安く購入することができます。また、2階には文房具屋さんが入っているため学校で必要な文房具が不足した場合はこちらで入手することも可能です。

長距離はタクシーが嫌がることもあります

買い物を終えた後、合計9人で連れ立ってマクタン島のコスタベリャ・ホテルへ向かいました。タクシーをつかまえてマクタン島まで約20km、結構距離があるためタクシーが嫌がることもあるのですが、行きは特に問題なく、乗車することができました。また価格も交渉により、400ペソの固定金額でお願いすることができました。

ホテルのプライベートビーチをデイユース(Day Trip)

プライベートビーチその1_vga

事前に旅行経験の豊富なメンバーから
「ビーチで遊ぶ場合はホテルのプライベートビーチが綺麗なためお勧め」
という情報を貰っていたため、事前にネットで調べてコスタベリャ・ホテルのプライベートビーチをデイユースで利用することにしました。

デイユースなら宿泊をしなくても日中にホテルのプライベートビーチで遊ぶことができ、貴重品も預かってもらえるため、安心して楽しむことができます。また、フロントの方に海でのアクティビティの手配をお願いすることができます。

コスタベリャはマクタン島の中では価格の割に質が高いと、ネットでは日本人から評判のホテルです。今回はデイユースでしたが、色々と親切にして頂いたので次にマクタンに来る機会があれば泊まりたいと考えています(そんな思いを込めて、ホテルのスタッフの方と記念写真も撮ってもらいました)。

コスタベリャホテルのスタッフの方と

価格は2015年1月10日(土)時点でデイユースが一人950ペソでランチ付きでした。
宿泊の場合は、ネットの価格比較サイト経由で約4000ペソ位から部屋をとれるようです。

コスタベリャ・リゾートビーチホテル(COSTABELLA)

続く!