学校の健康診断について

シェアする

 ジャスティスです。
講義に、健康に関する科目がありまして、、教授にツッコミを入れてみた。
「学校の健康診断は血も採らない、今まで、学校の診断しか受けてこなかったが我々は大丈夫なのか?」
すると先生、なんと自分も健康だと思っていたら突然、健康を害したことがあると語りだし…
、、途中の会話などは省く、、ついでに
教授の意見も大幅に省かせていただいた上で、私の意見を述べさせてもらいます。
「長生きしたかったら、自分で人間ドック等に行くべき
 学校の健康診断は、
異常がないことを確かめるための診断ですので、
異常がなければ検査に通ってしまいます。
他方、人間ドックなどは
異常があることを見つけるための検査なのです。
 仮に異常がなくても、
血糖値が高い、だの、血液どろどろ、栄養が偏っている、生活リズムが不味い。
など、、様々な異常や兆候を発見してもらえる。
 多くの場合、詳細な検査を行わなくても、
若ければ暫くは問題なく生きていける。
もしかしたら、検査を受けるコストは無駄になってしまうかもしれない…
が、異常があった場合のコストは何十倍だ…
私も、この世に生を受けて20年、そろそろ検査の一つもしたいものである。