セブ島二日目~アヤラモールで両替所のペソが無くなる

シェアする

前日にロビーで雑務を行ったため睡眠時間が4時間ぐらいになってしまいましたが、暖かい気候のお蔭で朝ご飯の時間(8時)にはなんとか起きることができました。食事の方ですが、まぁ、セットの学食なのでこんなものかなぁという感じでした。日本の物とは違う品種ですが白米が食べられるのと、韓国人が多いためキムチがたくさん用意されていたため、何とかなる気がしました。

レベルチェックのテストが3時間コース

二日目の午前はレベルチェックのテストから始まりました。イキナリ3時間分。リスニング・リーディング・ライティングとちょっとだけスピーキングを行うという流れでしたが、このテストは3時間あり寝不足の頭にはかなり辛いものでした。また、難易度も高くて初っ端から心が折れるような感じです。

そしてテストが終わるとお昼御飯の時間となります。運動しなくても時間がたつとお腹は空くものですね。揚げたチキンが出たのですが、これが普通に美味しいかったので沢山いただきました。

オリエンテーション

午後はオリエンテーションで学校及び現地での過ごし方を学びます。危険な目に合わないために行くべきではない場所や使うべきでない交通手段、現地の人との関わり方など、気を付けることが沢山あり、これは勉強になりました。日本人はカモなので、いきなり日本語で話しかけてくる現地人は基本的に悪い人のようです。格差が大きいため、低所得の人にとっては日本人の持っている鞄と中身一つで年収に匹敵する場合もあるそうです、また、同様にスマートフォンも狙われます。

水よりも蚊よりも犬よりも、人間に気を付けねばならないのは、少し哀しいですね。
あ、でも学校の中は安全です。持ち物の管理は気を付けるように言われているのですが、割とラフな感じで過している人が多い印象です。例えば、同室の台湾人が部屋の中でも常にパソコンを出しっぱなしにしています。また、学校内では皆、スマホも自由に使っている状態です。

日本人は転職が決まったタイミングで来る人が多い

学校に来ている方で一番多いのは韓国の大学生で最大勢力なのですが、台湾や中国の方もいらっしゃいます。私がいる学校の状況は、多い順に韓国人>日本人>その他の国の方々という印象です。また、韓国の方は基本的に大学生ですが、日本人は学生よりも社会人の方が多いです。転職の目途が立ち時間に余裕ができたタイミングで来られる方が殆どのようです。

ショッピングモールに行こう

オリエンテーションの後はショッピングモールに出かけます。両替のレートは空港よりもショッピングモールの方が安いため、大半の人がショッピングモールで換金します。また、生活必需品や場合によっては現地SIMなどを購入します。

両替所のペソが無くなる

今回、この両替で問題が発生しました。年始の時期に大勢で押しかけたせいか、ペソが無くなってしまい両替がストップしてしまいました。翌日に払うべき費用があるため、仲間と一緒に結構慌てたのですが時間を開けたり他の両替所に行くことで何とかなりました。まぁ、最終的にはショッピングモールのATMでクレジットカードを使ってキャッシングすれば解決できるのですが、多額の円を手元に残すことになるので、そうならなくてホッとしました。ただ、時間が無くなったため、現地SIMの調達には失敗しました。

タクシーで大行列

交通インフラが整っていないため、距離的には近くても帰るためには結構な時間がかかります。門限の22時までに確実に学校に帰るためには、20時までにはタクシー乗り場に行かないとアウトという設定です。両替後に仲間と晩御飯を食べ、タクシーで帰ると良い時間になってしまいましt。その後は自室でちょっと休憩したのちロビーでネットをしてから就寝して二日目を終えました。