読書記録:学力の新しいルール

シェアする

最近、本について語り合える友を得たジャスティス岡本です

高校生の時は3年間で488冊の本を図書館で借りていたので年間150冊程度は読んでいたのですが、社会人になってから読書量が減っているので意識して本を読んでいきたいと考え、近くにあった本の中から読みやすくて刺激がありそうな本を選んだらこの本に当たりました。

学力の新しいルール

この本は100ます計算で有名な隂山英男さんが書いた本の一つです。
影山さんは本を100冊以上出しているようですが、この本は2005年の本です。
ちょうど10年前ですね。

子どもの教育について書かれています。
国の教育方針である1993年の指導要領改正と2003年の指導要領改正に憂いを投げかけつつ、基礎学習をしっかりと学ぶことで塾に行かなくても家庭が裕福でなくても学力を高めていくことが出来るという希望のある話(学力の新しいルール)が書かれています。

百ます計算も隂山さんもお名前は前々から聞いていたのですが、実は名前しか知りませんでした。手帳コーナーに隂山さんがプロデュースしている手帳があるのですごい人なんだろうなとは思っていましたが、本を読んで、子どもの教育に対して情熱のある人だということがわかりました。

学力を上げる実践的かつリーズナブルな方法

まず、隂山さんの経験や百ます計算の成果を元に、子どもの学力を上げる実践的かつリーズナブルな方法が紹介されています。

  • 睡眠時間をしっかりとる(7〜9時間)
  • 栄養のある食事を摂る、朝食は米の飯が好ましい
  • 反復学習で基礎を徹底的に固める、百ます計算をやる
  • 自宅での学習時間をとる

山口小学校で10年以上教師を務められて、その後2003年から小学校の校長先生をされていたそうですが、各学校での実績を踏まえて語られているので説得力があります。

塾に行くために睡眠時間を削ると逆効果になる

塾を否定しているわけではないと思うのですが、睡眠時間を削ったり、食生活が荒れるような塾の利用は逆効果になると警鐘されています。

確かに、大人でも無理をすると次の日に響くので体の出来上がっていない子どもを毎日長時間塾に通わせるのは滑稽な気がします。

私も塾は殆ど行っていないのですが、学校にもレベルがありますし、先生がみんな隂山先生のように有能で熱意のある方とは限らないので、塾というセーフティーネットは必要だと思います。私、英語で中学一年生に落ちこぼれてしまったので塾に行っていなかったら多分人生詰んでました。

テレビ問題

夜更かしや学習時間の低下につながるので、多くても2時間以内に制限する必要があるそうです。

1日は24時間しかなく、仮に1日2時間程度みているだけで年間700時間。これが学習時間に化けたら、それはすごい成果になると思います。難しいとは思いますが。

インターネット問題

2005年の本のため、テレビより扱いは小さいですが警鐘が鳴らされています。

今なら、スマホやLINEがあるのでもっと深刻だと思います。ただ、インターネットは目的意識のある人には強い武器になるが暇人には最高の暇つぶしになってしまうので、毒にも薬にもなる劇薬、また社会インフラの一つなので単純に切れないところがまた難しそうです。

大人ですらテレビやインターネットの誘惑にはあまり抗えていないので、子どもの娯楽の問題はすごく難しいテーマだと思いました。

この本に対する批判

Amazonのレビューを見ていただくと分かるのですが、統計の見せ方に指摘が多数、寄せられています。
この本は隂山先生の実践経験に基づく本としては価値のあるものですが、データを基にした話の部分は少し疑って読む必要がありそうです。

以降雑感

とりあえず百ます計算をやってみようと思ったことと、自分に子どもができたら活用しようと思ったことと、大人も毎日自習したり新しいことを学ぶ時間を取らなきゃ子どもに偉そうなことは言えないなぁと思いました。自分で毎日一定時間を自習に当てられる子どもがいたら尊敬すべき、すごいと思う。

自分は宿題とテスト前の一夜漬けがメインだったので、そのスタイルだと大人になってから厳しいと感じています。今からでも改めたいと思います。

自分はミニマムライフ世代

2003年の指導要領改正は、いわゆるゆとり教育を指すそうです。
自分は1991年に小学生を始めたのでゆとりの一つ前の世代なのですが、ミニマムライフ世代と呼ぶそうです。
ほとんど言われた記憶がありません。
ただ、自分の世代も1993年の指導要領改正でかなり学習量を削られいたようです。

子供の頃を振り返って思うこと

テストで良い点をとらなければ落ちこぼれて死ぬと思っていました。
勉強は嫌いではなかったですが、テスト前は恐怖の方が強かった。
もっと前向きな動機付けのできる教師や親御さんが増えるといいと思いますね。
自分への戒めも込めて