セブ島留学エージェントの永井さんから教えてもらった重要ポイント10

シェアする

こんにちはジャスティス岡本です

これからセブ島に一週間の語学留学に行くのですが、昨日セブ島語学留学エージェントの永井さんに8Beatまでお越しいただき、セブ島英語留学の実態についてセミナーで話して頂きました。

決意より行動!セブ留学から始める英語学習セミナー
8Beatにて永井さんと

内容が本当にぶっちゃけた話になっているので、興味がある人は是非、永井さんのセミナーで直接聞いてもらいたいところですが、自分が重要だと思ったポイントを10点ほど掲載したいと思います。若干、回し者のようになっておりますが、背中を押してもらった方が助かることもありますので、ご了承ください。なお、セブ島留学の結果は来週また報告しますので、お楽しみに。

セブ留学10のポイント

  • 今時はエージェントを通しても直で申し込んでも金額は変わらない
  • 現地の学校の事情をたくさん知っているエージェントを活用しよう
  • 現地では英語の先生は優秀な人が付く仕事のため、レベルの高い人が多い
  • 1週間の留学であれば、5万円あれば大丈夫
  • 空港に着くのが夜中の場合だと買い物できないので虫よけスプレー等は事前に手に入れる
  • 歯磨きに使う水もウォーターサーバーの水を使った方が安全
  • レベルチェックの面接でコミュ力を発揮しすぎるとレベルの高いクラスになって大変?
  • スパルタ校は本当にスパルタ
  • 学校のwifiは生徒が一斉に使うので重たくなることが多い
  • 現地で刺されないためには、いかがわしい店に行かないのが一番

セブ留学をどうやって申し込むべきか?

自分も永井さんが紹介している学校を自分で申し込もうかと思ったこともありますが、いまどきはエージェントを通さなくても金額は変わらないようです。実際、頼りになりますので頼る方がお得です。私も師走の時期に、年始から空いている学校を探してもらったり申し込み書の書き方やお勧めのチケットの取り方を教えて頂いているので無理に自分で悩むよりは相談すべきだと思いました。特に、現地の学校の実体や内情を幾つも抑えている人だとニーズに合った学校を選んでもらえます。

学校の価格は安過ぎない方がいい

先生の質と価格が比例するため、優秀な先生に教えてもらう場合は相場に合った学校を選択すべきのようです。現地では英語の先生は優秀な人が付く仕事のため、ちゃんとした学校に行けば日本以上の品質の教育が受けられるらしいです。

1週間の留学であれば、5万円あれば大丈夫

SSP(特別勉強許可証)取得費用などを合わせて、5万円あれば大丈夫なようです。クレジットカードを持って行って現地でキャッシングという手法がフィリピンでは使いにくいため、円を持ち込んで現地の両替所で換金するのがお勧めのようです。両替所は学校で教えてもらえるので、とりあえず円を持っていけば良いとのことでした。長期の場合は大金を持ち込むわけにいかないのですがカードなどがあれば大丈夫なようです。

病気対策

水に気を付けることと、蚊に気を付けること。
虫よけスプレーなどは空港でも買えるが夜だと店が閉まっているため、日本でも買っておいた方が良さそうな感じでした。またハブラシなどの日用品も、短期で行く場合は一式持ち込んだ方が楽なようです。

無理はしない。でも、日本人と群れたり日本語は喋らない

向こうのスパルタコースは本当にスパルタで、学校によっては体調不良すら病欠にならない場合もあるそうです。また、自習の時間などもキッチリ監視されるようなので自分の時間が取れない感じでした。仕事などで日本とやり取りする必要がある場合は、無理に沢山詰め込みすぎ無い方が良いなと思いました。
でも日本人同士で群れてしまうと刺激が薄まってしまうため、日本語は喋らないようにしようと思いました。

wifiが重いのは生徒が多いから

休憩時間にみんなが一斉にwifiに繋げば日本でも重くなるので、確かにその通りだと思いました。対策としては授業をサボって授業時間に繋ぐという禁じ手もあるようですが、現地SIMをスマホに差してテザリングする方法や、空港でwifiルーターを借りるという方法があるようです。

いかがわしい店には行かない

まぁ、行かないのが一番ですね。

番外編

セミナーでは何故か永井さんのお知り合いでフィリピンに駐在していたこともある剛の者が参加されていて、猛烈に背中を押されました。フィリピンの美しい女性に囲まれながら仕事をしている写真を拝見させて頂き、俄然、やる気になりました。実際に英語を使って活躍されている人と会うのが一番、刺激になりますので(永井さんも現地でビジネスの為に英語を使っているわけですし)、今年こそ英語をやろうという方はセミナーだけでも参加すると良いと思います。

永井さんのセブ島留学セミナー情報はFacebookページからどうぞ
セブ島留学サポートセンター