2014年上半期、高コストパフォーマンスWindows7ノートパソコンの検討(改造前提)

シェアする

ジャスティス岡本です

北田屋さん用のノートパソコンを検討しているのですが、
Windows7しばりがあるので、良くも悪くも機種は絞られてきました。

最有力候補はLenovoのB590
Lenovo 59394997 B590 (Core i5/4GB/HDD500GB/DVDスーパーマルチ/Win7/15.6型液晶)

この価格でCorei5(2.6Ghz、ターボブース時には3.2Ghzまで上がる!)搭載なのでコストパフォーマンスは最高レベルかと。LenovoのPCはディスク交換やメモリ増設もしやすいので、B590をベースにSSD化やメモリ8GB化を図れば4~5年は戦える高性能なPCに仕上げられるのではないかと企んでいます。

他の候補としては、ドスパラのBTOも面白いかなと考えています。
値段はB590を改造するよりも1~2割ほど上がってしまいますが、改造して壊してしまうリスクを回避できることと、
あと、Windows7で17インチモデルを選択可能なのが良いですね。
クリテア VF-AG

あとB590よりも安くしたい場合には、ASUSやAcerの廉価なPCも候補には入ります。
ただ、モノによってはUSB3.0に対応しなかったり、若干注意が必要そうでした。

明日は秋葉原のヨドバシも少し見に行ってこようと思います。