Linuxで音を鳴らしたり録音するにはalsamixerなどを使えばよいようだ

シェアする

ジャスティスです、Linuxにインストールしたskypeで、
やっとMic入力がとおり、通話が可能になりました。
xfceのミキサーでがんばったんだけど、結局だめだったので別の手段をとりました。
使ったソフトは
alsamixer
これは、既にインストールされていた。
(まぁ、alsaがLinuxで音を入出力するために必要なソフトなのだから、
入っていて当たり前といえば、そうなのだが。
alsaはLinux用のサウンド・ドライバ+各種ライブラリ群だ。
僕の予想だと、windowマネージャのミキサーは、
alsaの設定をラップしているだけだから、
alsamixerを直接いじる方が確実、、、
なんだと思う。
ちなみに、alsamixerはコンソールアプリです。
●ミキサー(録音デバイスや再生デバイスのon/off 音量調整)
alsamixer
●録音ソフト
arecord
●再生ソフト
aplay
alsamixerで開いてみたら、
micがoffになっていたので有効化。
とりあえず、これでマイクも使えるようになったし、
音の録音・再生も一応できるようになった。
さて、次は音楽再生系のソフトでも入れようかなぁ。
開発は、いつになることやら。