Linux(centOS5.2)のFirefoxがモッサリ、なのでOperaを導入

シェアする

こんにちは、ジャスティスです。
明日はコミケ最終日ですね。
ジャス君は早くも寝正月を満喫、
寝てばかりいますが、
明日は遊びにいきますよ。
さて、Linuxは軽いといわれますが、
デスクトップ環境では必ずしも、
Windowsよりも爆速になるわけではないようです…
まだ、firefoxぐらいしか使っていないのだが、
非常にもっさり、zero3のoperaよりはましだが、
1.4Ghzのpentium-Mで、
そりゃないぜセニョリータと叫びたくなるくらい、
もっさりだった。
ググってみたら、他にも遅いとの報告が。
なんでもGtk2が原因じゃないかともいわれていた、
Gtkってなんだっけ???
と、とりあえず、OperaはQtだから、
Operaを入れることにした。
Qtってなんだっけ???
しばらく、LinuxでGUI使おうとしてなかったから、
良く覚えていない。
■Operaのインストール方法
・Operaの公式サイトにGo
・ダウンロードページでディス鳥を選択し、インストール実行
※CentosはRedHatだ
・素の状態では日本語入力ができない場合があるので、その場合は
yumでscim-qtimmをインストール
#yum install scim-qtimm
これで、QT環境でも日本語入力ソフト(Anthy)が使える。
そしてxを再起動。
さて、環境構築を続けるとしよう。
[root@localhost ~]# df -h
Filesystem サイズ 使用 残り 使用% マウント位置
/dev/hda1 3.7G 2.3G 1.3G 65% /
/dev/hdb1 6.0G 220M 5.5G 4% /home
tmpfs 252M 0 252M 0% /dev/shm