Monacaアプリで地図データを利用する上での検討メモ

MonacaはJavaScriptでアプリ開発を行うため、『Google Maps』や『YOLP(Yahoo! Open Local Platform)』を利用すれば地図アプリを作成できる。しかし、だ、GoogleやYahooへの会員登録が必要になるため、学校の授業で大勢が使うときには不便だ。会員登録無しで自由に使える地図データについて検討してみた。

OpenStreetMap(オープンストリートマップ)

オープンストリートマップというのはWkipediaの地図版のようなイメージだ。地図データを有志が編集してオープンなライセンスで配付している。このオープンストリートマップのデータを利用すれば会員登録無しで自由に地図アプリを作れると考え、恐らく実際にできるのだが一つ問題があった。

『オープンストリートマップそのものには開発用のAPIが存在しない』

あくまで地図データなので、プログラムと連携して地図アプリを作るためのツールが必要になる。

オープンストリートマップを利用したプログラミングツール

  • YOLP(Yahoo! Open Local Platform)
  • Mapbox
  • OpenLayers

YOLPは標準地図以外にオープンストリートマップも利用できるようになっているそうだ。
最近話題のOpenStreetMapがYOLPで利用可能に!

『会員登録無しで』
という縛りがなければ、YOLPを使いたいところだ。

Mapboxは『Google Maps』の競合として海外で勢いがある地図サービスらしい。アクセスしてみたが会員登録が必須だった、故に今回の要件には合わない。

OpenLayersは無料かつ会員登録無しで利用できる。とりあえずクイックスタートのサンプルをMonacaのエディタに貼り付けたらプレビューでも表示できたのでOKだ。
まだ調べている途中でよく分っていないのだが、OpenLayers自体はOpenStreetMapに限らず色々な地図データに対応しているようだ。